読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョークとジョーク

ことばのリハビリですよ。

東京日和 part2

4/16(土)


5時半に起きて身体はまだ疲れていたけれどもそのまま先輩宅を後に。
f:id:RyuRyuRyuRyu:20160418172649j:plainf:id:RyuRyuRyuRyu:20160418172655j:plain
なぜこんなにも早起きなのかというと築地まで朝飯を食いに行ったから。前日一緒にライブを見た友人が築地に行きたいということで、せっかくなので一緒に待ち合わせして食いに行きました。土曜日だからかどの店も満遍なく行列ができていたので、最後にたどり着いたブロックの寿司屋で寿司をいただくことに。
f:id:RyuRyuRyuRyu:20160418172704j:plain
寿司の写真を撮り忘れるくらい美味かった……。マグロ、中トロ、大トロ、うに、いくら、穴子etcの14貫セットで2,400円也。大満足。食べるごとに「美味い美味い」って言いながら食ってたら、気難しそうな顔した職人さんがカウンター越しに「それ、美味いでしょ。今朝届いたばっかりだよ。」とちょっと表情を崩して話しかけてくれたのが印象的だった。美味いものは美味いって素直に言って方がみんな幸せになれるね。


お互い活動しだすにはまだ時間も早かったから適当に喫茶店でお茶して時間をつぶして解散。僕はさらに次の予定まで1時間ちょっと時間が余っていたので、ぶらぶらと散歩をすることに。近くに日比谷公園があったからそこで日向ぼっこしてた。ベンチに座ってたら近くの外人が「Yeaaaaaaaaaaaaah!!Shibuyaaaaaaaaaaaaaa!!!!」って写真を撮ってたけど、僕の聞き間違いであることを願う。
f:id:RyuRyuRyuRyu:20160418153652j:plainf:id:RyuRyuRyuRyu:20160418153707j:plain
ついでに日比谷野外音楽堂も見てきた。イベントの設営をやってたからあんまり近づけなかったけど、「あぁ、ここで小沢健二フィッシュマンズがライブをしたんだなぁ」とぼんやり思いを馳せてました。いつかライブを観にきたいな。


そんなこんなでちょうどいい時間になったので、下北沢へ移動して友達と待ち合わせ。就職で東京に引っ越した元ご近所さん。僕の希望で孤独のグルメの漫画版に出てきたピザ屋で昼飯。好きな具をチョイスして焼いてもらえるお店だった。ピザは美味しかったし、気さくな喫茶店みたいな内装で身構えずに入れる良いお店でした。それから表参道~渋谷~原宿あたりをいっしょにブラブラ散歩したんだけど、表参道を歩くときだけなぜか鼻水が止まらなかった。街全体の放つおしゃれオーラにアレルギー反応が出たのかも。表参道アレルギー患者ということが発覚してしまった。つらい。あと、原宿あたりは風を切って歩けないほど人ごみが凄かったからオザケンにクレームつけたい。


夜はTwitterで仲良くなった友達と上野の居酒屋へ。全員顔を合わせるのは初めてだったけれども、音楽が好きな人同士だったので退席時間までがえらく短く感じるくらい話が弾んだ。退席時間さえなければずっと店にいる勢いだった気がする。正直しゃべり足りなかったからまたお会いしてしゃべりたいなと切に思った。


その日の宿はまた別の友人の家にお邪魔になりました。ひっさびさにスマブラやってぼこぼこにされた。くやしい。このあたりから眠すぎて記憶があんまないです。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

4/17(日)


旅行最終日。起きたらものすごい雨風でちょっとたじろぐ。でもこの日はもともと宿を借りた友達に誘われて午後からボードゲームで遊ぶことになってたから大して関係ない。我ながらナイスなスケジュールである。13時に駅前に参加者が集合してから飲み物食べ物を買出ししてボードゲーム三昧。最高の休日ですな。ドメモ、ゲシェンクワードバスケット、ワンナイト人狼、街コロと、やったことあるもの、ないもの含めて4~5時間ほどぶっ続けでプレイしてなかなかに知恵熱が出そうでした。酒飲みながらやってたからどんどんIQ下がっていくし大変。今回初めて会う人がほとんどだったけど、それでも盛り上がれるボードゲームは優秀なコミュニケーションツールだなぁと実感した。楽しかった。そうこうしているうちに晩飯を食ったら夜行バスの時間に。名残惜しいけど駅でお別れしてバスタ新宿へと向かいました。


バスに乗る前にちょっとやり残したことがあったので実行することに。毎回東京に来るたびに、新宿の南口でこの2曲を聴くのが自分の中の恒例行事になっているのです。




自分の敬愛しているミュージシャンが歌にした場所、歌った場所でボーっと行きかう人を見ながらこの2曲を聴くのが僕にとってはクールな行為なのだ。浸りすぎキモいとか言うな。



帰りのバスはなんだかセンチメンタルだった。いつも楽しいことの後は寂しくなるんだけれども、今回は人と過ごす時間が多かったせいかなぁ。初めて会う人、久しぶりに会う人、会いたかった人、とにかくいろいろな人に会えて楽しい時間を過ごせた。この場を借りてお礼を言います。ありがとうございました。カメラロールを眺めながら旅行のいろいろなことを思い返している途中、部活で仲良くしてもらっていた先輩から結婚の報告と式の招待のメールが届いた。そのメールが嬉しかったのと、旅行が終わって寂しかったのと、酒に酔ってたせいもあるけれど、急に胸がいっぱいになって涙が出てきてしまった。今までもライブ遠征で東京には何度も来ていたけど、こんな感情になるのは初めてで戸惑ってしまった。そのまま感情が高ぶったまま上手く寝付けず翌日の朝神戸に帰ってきた。いつもの阪神電車の発車音がとても懐かしく聞こえた。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


いろいろ思い返しながらダラダラ書いてたら結構長くなってた……。バイトの時間が近づいてるから後半はだいぶ駆け足な文章になってるけどご勘弁を。人にも天候にもイベントにも恵まれて、過去最高の東京旅行となりました。正直まだ寂しさを引きずってるし、自分がこんなに寂しがりだったんだと気づいてびっくりしてる。うーむ、まぁ充実した旅行の証としてこの喪失感を楽しみつつ夜勤に臨もう。いざ日常へ!