読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョークとジョーク

ことばのリハビリですよ。

ハイファイ・ローファイ

音楽

とっっっても久々に曲を作りました。今組んでるバンドで演奏するために書いた曲というわけではなくて、もう完全な自己満足のために。ここ数日家に引きこもっていわゆる宅録でちまちまと作ってました。


自分からバンドを組んでた2~3年前は積極的に曲も書いてたから「趣味?たまーに曲を作ったりするよ?(笑)」くらいの作曲のスタンスだったんだけど、思えばここ最近作曲と言える作曲をしてないなぁ気づいた。ふと浮かんだ曲ともいえないフレーズをぼんやり宙に浮かばせて形にしないまま。形にしたいなぁと思いつつも今組んでるバンドと僕の作りたい曲のカラーは違うからそこで発表するのも難しい、かと言って自分の曲をやるために新しくバンドを結成して動かし続けるバイタリティがあるかと言われたら厳しい……としばらくもやもやしてたんだけど、ふとScudelia ElectroのPop Lifeという曲を聴いていたらこんな歌詞が耳に飛び込んできた。

僕の事は僕にしか歌えない

今まで"自分が歌う"ってことを念頭に置かず人に歌わせることばかり考えてたけど、下手に発表の機会を待ち続けて曲を穏やかに殺してしまうよりも自分なりに作って歌ってみるべきだよな。うん。と勝手に曲から啓示を受け取って制作に臨んだわけです。ありがとう石田ショーキチ


世間ではやれDTMDAWソフトだボーカロイドだと騒いでいますが、オレは男らしくMTR(マルチトラックレコーダー)で生演奏→録音の繰り返しだぜ!MIDI入力なんてのは軟弱なヤローがやるもんだぜ!
f:id:RyuRyuRyuRyu:20160615114051j:plain
ごめんなさい、お金がなくて環境が整えられないだけです。怒らないでください。演奏が上手いわけではないのでまともなテイクが録れるまでめちゃくちゃ時間がかかって泣きそうでした。このMTRは高校生の頃に中古で買って使い続けてるからジョグダイヤルがもうバカになってて、慎重に回さないと勝手に数値が極端に飛んだりするからそこでも時間がかかるし最悪。誰かDTMの環境ください。


なんとか楽器も全部録音して、リズムマシンにリズムを打ち込んで、歌も録って完成までこぎつけたのですが、マスタリングという全体の体裁を整える面倒な作業が残ってて、録音でヘトヘトになった僕はそんな繊細な作業をやる根気が残ってません。そこでLANDRというサービスを使うことに。
www.landr.com
音源をここにアップロードしたら自動的にマスタリングをしてくれるというサービスです。そういうマスタリング方面の知識が疎い自分にとってはこの上なくありがたい。というかすごすぎないすか?2010年代って感じがしますね。


話は前後して歌詞の話。やっぱり歌詞が上手く書けない。曲を作る上でメロディーとコードができた時点でいつも満足してしまうから、歌詞を書くことに対してどうしてもおまけみたいな気持ちになってしまう。普段音楽を聴くときは歌詞は大切にして聴いてるのに。僕は人に伝えたいことがないのかもしれないし、もしくは自分の気持ちを露呈させるのにまだ抵抗があるのかもしれない。もうすぐ生まれて四半世紀になるのにね。人とのコミュニケーションをおざなりにしてきたツケが回ってきてるのをぼんやりと感じた。今回もなんとなく歌詞っぽく言葉を並べたとても硬い字面になってしまったのでもっと頑張りたい。


そうやってできた曲がこちらです。

まだ夏も始まってないのに夏の終わりの曲になってしまいました。歌がかなりアレでめちゃくちゃ恥ずかしいですけど聴いてもらえたらとても嬉しいです。