読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョークとジョーク

ことばのリハビリですよ。

クロノスタシス

久しぶりにスタジオに入ってバンドで音を鳴らした。最後にスタジオに入ったのがいつだったか調べてみたら8月9日だったので4ヶ月ぶり。数ヶ月単位でスタジオに入らなかったのは、大学に入ってバンドを始めてから初めてだったかもしれない。考えてみれば最後に入った数ヶ月はモチベーションが地の底についたバンドでスタジオが苦痛になってたときだったので、純粋に音楽を楽しむ目的で入ったのはもっと前かもしれない。


今回は4人で"とりあえずスタジオでなんか曲を合わせて遊ぼう"ということだったので課題曲を2曲決めてから臨んだ。他のメンバーがボーカル、ベース、ドラムで僕がキーボード。ただ片方の曲がどうしてもキーボードで雰囲気が出ないので、そっちは慣れないギターでやってみた。幸いコードもシンプルで難しいことはやってないので耳コピは簡単だった。ボーカル、ベース、ドラムでバンドをやったことはあったけど、ギターを弾くのは初めてだった。




ギターを弾いたのはきのこ帝国のクロノスタシスだ。独り暮らしをしてた頃、深夜に近所のコンビニに買い物する時はほぼ必ずこれを聴いていた。コンビニはこれを2回聴き終えるかどうかでつくくらいの距離だった。演奏してるとその頃の夏の夜のまとわりつく空気だとか、人通りの少ない道を歩いてる時の無意味な無敵感だとか、部屋に戻るのを待ちきれずに帰り道で350mlの缶ビールを飲んだことだとか、そのままの足でIngressやポケモンGOをやったことだとかがふっと頭に浮かんできてなんだか切なくなった。


"バンドで音を鳴らす"という行為を久しぶりにできて心が高揚した。それと同時に「まだ自分の心は空っぽになってないな」と少し安心できた。延命治療のような見苦しい悪あがきのようにも思えるけど、やっぱり僕は音楽に触れていたいのだ。できればそれを鳴らす側でいたいのだ。改めてそう思った。